Gaishi Ishizaka Profile

 

石坂亥士プロフィール

 

1971年、群馬県桐生市生まれ。神楽太鼓奏者・打楽器奏者として、神社、クラブ、即興演奏、演劇、舞踏といった国内外を問わず様々なシーンに活動の場を広げている。母の郷里の青森で、幼少の頃より様々な伝統芸能をはじめ、イタコの儀式などに触れた事が自身の音の原風景となっている。そのスタイルは、神楽太鼓を主軸に、世界各地の民族打楽器を自由に操る稀なスタイルで、ミルフォード・グレイブスや、師匠である土取利行氏の影響を強く受けている。

 

 

1994年 自分の基盤となる地元の神楽と出会い、神楽師の修行を始める。当時は健在だった師匠や太鼓の名人から

      厳しく舞いや太鼓を仕込まれる。

1996年 土取利行氏に師事し、太鼓と身体の密接な関係やリズムの奥深さを学び、舞台を共にする。

1997年 韓国打楽器アンサンブル「サムルノリ」を康明洙氏より学ぶ。

1998年 伝説のドラマー、 ミルフォード・グレイブスのワークショップに参加し、リズムと身体の関係を学び、多                  大な影響を受ける。

2001年 桐生西宮神社の伝統ある祭礼「えびす講」にて、奉納演奏「えびす太鼓」が恒例行事となる。

2002年 リズムに重点をおいたプロジェクトOrganLanguageのライブに参加し、その時の演奏がライブ盤                            [OrganLanguage Plays Outer Tone]としてリリースされる。同年より、リズムと身体に重点をおいた                   ワークショップを定期的に開催する。

2003年 新潟、メキシコ、東京、群馬という順で「Dragontone」と題して古くか ら伝わる音をテーマにした         コンサートツアーを行なう。メキシコでは、 旧僧院、美術館、大学、クラブ等の様々な場所で演奏を行なう。

2005年 メキシコを中心に演奏活動を展開し、日本をテーマにしたコンサートや メキシコ伝統打楽器奏者やピアニ                 スト、バイオリニスト、舞踊家といっ た多数のアーティストと共演する。Sergei・M・Eisenstein監督の                 無声 映画「戦艦ポチョムキン」のために、メキシコ在住のドイツ人ピアニス ト、Deborah Silbererと共同 楽曲                  を作り、その映画がピアノと打楽器 の生演奏で上演される。

2006年 「戦艦ポチョムキン」+Deborah Silberer×石坂亥士での上映ツアーを メキシコ・シティ中心に行なう。

2008年 メキシコ大使館での記念公演「死者の日に捧げる儀式的舞」工藤丈輝×エ スパルタコ・マルティネス×石坂亥士に                  て上演。その後、同作品にて3 週間にわたるメキシコツアーを行なう。(渡航費助成/国際交流基金) 2009年                水都大阪2009では、開催式典のオープニングアクトをつとめ、神楽太鼓 の圧倒的な演奏で関西の人達の度肝を                    抜き、同年においては、雪雄子、 田中泯、工藤丈輝といった、究極の肉体表現とされる舞踏家とのセッションか                  ら、身体と音・振動・響きの興味深い関係を体感する。

2010年 代々木第二体育館で行われた巨大イベント、RedBull BC One のオープニ ングアクトに抜擢され神楽太鼓の演奏                 をし、その様子が世界中に同時中継 され、絶賛される。

2011年 カナダのトロントで行われた多国籍演劇集団「Ahuri Theatre」の演劇公演 「或る阿呆の一生」に音楽家として                 参加し、2012年には劇中音楽で、ド ラ・アワードインディペンデント部門最優秀サウンド・デザイン賞を受賞。

2012年 21_21DESIGN SIGHT テマヒマ展<東北の食と住>にて、[神楽Tone]と 題したソロライブを行う。

2013年 横笛演奏家・赤尾三千子氏のアルバム「空華一息」に神楽太鼓や大銅鑼 等で参加しリリースされる。 演奏活動と                 平行して、保育園、幼稚園、小学校の子ども達に打楽器の楽し さを伝える、リズムと身体のワークショップも行っ               ている。 サイマルラジオ等、ネットを介して試聴できる、地元のラジオ局FM桐生では、毎週水曜日21時から放                送の音楽番組[Spiral Groove]のDJを担当している。

2014年 バリ島への神楽太鼓奉納ツアーが企画され、バリの各地で演奏を行う。

     演奏活動と平行し、即興をテーマにした月一のワークショップを仲間と立ち上げ、後進の育成を開始する。

     以後この活動が、かぐらだぶらプロジェクトと命名される。

 

 

English 

 

Kagura Drum Groove /About Gaishi IshizakaA percussionist plays the Japanese drums including the Kagura drum (used in Kagura, a traditional music which varies in different regions, played on certain occasions by local musicians to enshrine as gift to the gods), gongs, and other percussion instruments to express his vision of sounds influenced and inspired by his own background in Japanese traditional folk art and music.

 

Born in '71 in Kiryu-city, Gunma prefecture, Gaishi Ishizaka has been exposed to various regional Japanese folk music since his childhood.In schools he learns to play the Japanese drums and the basics of physical movements in performing arts from Deese Kawara, a dancer and performer.After graduation he discovers a regional Kagura group of Kiryu-city. He joins as a member and to be taught the traditional dance and the drums by local Kagura masters.

 

He also meets Toshiyuki Tsuchitori, a percussionist who was a music director of Peter Brook's theatre, to learn more about the importance of intimate relations between the instruments and percussionists' physical movements.He also performed with Tsuchitori on stage.He also plays with a group of traditional Korean percussion ensemble, or to join the workshop held by Milford Graves, a legendary free-jazz drummer, his interest in folk music deepens and the search for his own vision of sound continues.

 

In 2001, Ishizaka starts performing at temples and shrines to express his own rhythmic world. He also becomes a formal member of the annual festival of Kiryu Nishi Shrine as a Kagura drummer.

 

In 2002 he starts his own rhythmic workshop in kiryu city.He then meets DJ Calm, a famous Japanese club DJ to share a live performance to be recorded and released later as a Calm's live album (www.reirth.com/OrganLanguage Plays Outer Tone).Today he comfortably mixes the ancient sounds with traditionals, modernism and the avan-garde together in his unique, extra-ordinary performance. His faith in roots music enables him to overcome jenres, and to react quickly to the rhythm he seeks.

 

His recent performance, inspired by ancient Japanese sounds, his version of evoking ancient Japanese festive landscape was entitled"Dragontone"which he toured in 2003 to 2004 from Niigata, Japan, to Mexico, then came back to Tokyo and Gunma, Japan.

2018© Dragontone

  • w-facebook
  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Twitter Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now